アメリカもイタリアも死亡者数が水増しされていた事実|神奈川県藤沢市でパーソナルトレーニングするなら「ROKTAI」へお越しください!

ROKTAI TRAINING STUDIO
スポーツパフォーマンス、肩こり、腰痛、スタイルの崩れなど、
体の全てのお悩みを、根本から解決へと導きます。
  • マンツーマン指導
  • 駅チカ徒歩7分
  • カウンセリング無料

アメリカもイタリアも死亡者数が水増しされていた事実

休業中の4月、今回のパンデミックについて調べまくっていた時に、

YouTubeのEden Media

https://www.youtube.com/watch?v=IpMfunW4ZMg

というチャンネルでアメリカやイタリアのCOVID-19の死者数の水増しが事実だったいうことを知ったことで、今回は世界的にそういう流れか、となんとなく感じたわけですが。

amemizumasi.jpeg

rinnshoukennsairanai.jpeg

COVID-19の場合だけ(ここ大事)、厚生省からの死亡診断書の書き方の指導が行われていることだけでも衝撃的ですが、その中身がもっと衝撃ですよ。

koronayousei.jpeg

noukou.jpeg

つまり、非陽性者Aさんの肺炎患者が亡くなった後で、Bさんの陽性がわかり、BさんとAさんが生前に接触していたと分かった場合、AさんはCOVID-19で死亡と書くべきということです。

これだとコロナ陽性かどうかですらどうでも良い事になりますからね。苦笑

さらにこの動画の中では、イタリアについてもFOXニュースで扱われていた内容がでてきます。

italy.jpeg

イタリアでもアメリカとほとんど同じことが起きていたという事ですね。

italysinnjitu.jpeg

統計の方法がおかしいことになっていたら、本末転倒ですよね。

先日の記事でも書きましたが、

新型コロナ感染者は厳密な死因を問わず死者数に計上することが決まっていた

https://roktai15.com/blog/2020/07/blog_post_75.php

日本も2020/6/18から、類似した内容が厚生労働省より各都道府県に通達されているのです。

つまり、世界的に、そういうことにしたい。

ということを一般人の私たちは認識せねばなりません。

kyouhu.jpeg

ドクタージェンセンのおっしゃる通り、

大衆をコントロールするには恐怖を利用するのが一番簡単なのです。

 

だからこそ

情報の共有・情報を使いこなす力を身につける・対話

が必要と考えます。

ページの先頭へ